忍者ブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
siiaagl
性別:
非公開
趣味:
ゲーム全般(卓ゲー含む)
Twitter
最新コメント
最新トラックバック
ブログ内検索
***
こちらはTRPG個人サークル『妙な幻亭』のブログです。
| Admin | Write | Comment |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

つーわけで、昨日はデイドリームで参加している、DX3rdキャンペーンの初回。
自分のキャラは以前の記事で上げた、インディーズ歌手でございます。

結論だけ先に述べると、まぁジャーム堕ちしましたwwww自分のキャラwwwww
まぁ笑いごとじゃねえですが、笑っとかないと凹むんで。

展開としては、オーヴァードとして覚醒したPC1の少女に、UGN側であるPL陣とFH側である幼馴染の少年がアプローチをかけていきます。
まぁ結果としてPC1の少女は、幼馴染の少年側に着くことを選択いたしまして、戦闘で少年に対してサポートを行ったわけです。
もちろん戦闘は勝たないといけないので、その少年と黒幕っぽい奴を倒してクライマックスは終了。
PC1の少女はというと、なんだかよくわからないまま初期コネの都築に諭されてかろうじてUGNとの繋がりをキープといったところです。

で、自分のキャラはPC5。
UGN所属でもなく、イリーガル登録もされていない、という割合特殊な立場での参加でした。
本来であればその立場を利用して、PC1の少女をきちんと考えさせられる動きをすれば良かったと、今では思いますが、まぁセッション中はやれないものでして。
結局、クライマックスフェイズまでPC1と顔を合わせることはなく、特に繋がりの無いままPC1はFH側についたと。

で、ここでよくない癖がでちゃいまして。
自分が悪役が好きなもんで、裏切る場合は徹底的に裏切るというか、PCに倒されるぐらいの覚悟でやるんですが。
逆に他の人がそういう状況になった場合に、脳内で勝手にその状態を想定してしまうんですね。
で、完全にPC1は敵として扱って倒すつもりで、彼女とロイスをハナからタイタス状態で結んでしまいまして。
結局この1枠がジャーム堕ちの根本的な原因だったかなと(3倍想定なら期待値15の差ですし

キャンペーンの1話、対象がPC1 という二つの状況だけみても明らかなプレイングミスです。
しかし・・・どうしようもねえなぁ・・・。


まぁ一つだけ良かった点といえば、自分のキャラはキャンペーンに対する因縁のようなものが希薄なキャラクターだったので、今回キャラをかえることでそことの繋がりが出来るかなという部分ぐらいですかね。
ま+0・1点ぐらいの利点ですが。

PR
というわけで、久々にオンセキャンペーンを始めました。
システムはDX3rd。

今回はいつもの夢幻亭のメンバーが1人忙しいということで、外部からお1人参加していただいてます。
GMは相変わらず私です。

まぁ大きな流れとしえはベタに賢者の石を巡る話になるとは思いますがー。
あとは各PCごとのロイスとか設定とか拾いながら、そこにくっつけていければいいんじゃないかと思ったり思わなかったり。
キャラ作成段階の設定等々から使えそうなネタはいくつか思い浮かんでるんで。

つか、本筋をまず確定させねばな(おい

休日キャンペーンとオンセキャンペーンと、クロスオーバーキャンペーンと、近年稀に見るつまり具合。
クロスオーバーが終わったらNW2ndを再開しようかな・・・とも思ってる辺り、しばらくTRPGで不便することはなさそうです。
というわけで、今日も今日とてデイドリでのDX3rd。
いや、11月からこんな感じにはやれなくなってしまうんで、今のうちということで。

今回はPC1でした。
キャライメージとしてはまぁKOFの草薙さんですよ。
話としては割りと綺麗にまとまったと思います。
各キャラの立場とかモチベーションとか作るのに全員一丸となってたのでw

ただまぁPC①はやりなれてないっていうのと、苦手意識があるのでやっぱり疲れました。
自分にはPC③とか④が合ってますね。

まぁたまには悩んだり熱くなったりするキャラもやってもいいなとは思いました。
性別:女   年齢:24
ブリード:トライブリード
シンドローム:ノイマン/サラマンダー/モルフェウス 
ワークス/カヴァー:歌手/インディーズ歌手
Dロイス:天才
【HP】32  【行動値】9 【基本侵食率】32%
【常備化P】4 【財産P】1 【移動力】14m 【全力移動】28m
【肉体】2
【感覚】1 <射撃>1 <芸術:音楽>2
【精神】8 <意志>1 <知識:医学>3
【社会】2 <交渉>1 <情報:ウェブ>1
エフェクト:
《コンセントレイト:ノイマン》2 《フレイムリング》2
《コントロールソート》1 《ペネトレイト》1 《ギガンティック・モード》1
《E完全演技》1 《D天才》1
================================================================
「ダメだーーーー、この程度の歌詞じゃアタシの魂は燃えねぇぇぇぇ!!!」
設定:
インディーズレーベルのガールズバンド『Idea Flemes』のVo.を務める。
現職の労働厚生大臣政務官である朝田利通(上級P117)の娘であり、双子の兄がいる。

物心ついた頃にはオーヴァードとしての能力が発現していたが、人に見せてはいけないものだと直感的に気がついていた。
7~8歳頃に兄と共に誘拐されるが無事に救出された。
表向きはただの誘拐事件として処理されているが、実際には意図的にオーヴァードを狙った事件だった。
この頃に父親である利通は自らの子供に尋常ならざる力が宿っている事を知ったと思われる。
その後はすくすくと育ち両親の想いもあって医者を目指すことになるが、中学・高校と進むうちに音楽の世界に一種の憧れを抱くようになる。
一度大学進学の際にそのことで両親と衝突し、結果として和泉が折れた形で某大学の医学部へと進学した。
しかし4年間の間に音楽への想いが消えずに燻り続けていたため、卒業と同時に家出同然で実家を飛び出しバンド活動を本格的に開始した。

バンドメンバーは高校時代からの友人である後野茉利と、大学時代の友人2名で構成されており、結成からは5年が経過している。
1年ほど前にインディーズレーベルからデビューしており、近々2枚目のアルバムが発売される予定。

UGNにはイリーガルとして登録されているが、父親の働きかけあり仕事が依頼されることは滅多にない。
その辺りも不仲の一因になっている。
================================================================
MEMO:
というわけで、デイドリさんの休日キャンペーン用のキャラ。
火力よりも範囲攻撃を優先させた結果、毎回武器を作り直す燃費悪キャラになりますた。
ミドルでの侵食値上昇を如何に抑えるかがポイントとなりそうです。

イージーエフェクトで完全演技をとることで、何となく政治家の娘っぽい強かさを演出したい次第。
成長の路線としては【精神】の高さを生かして《戦術》あたりが良さげ。
あとは技能中心かなぁと思います。

親父さんとはあまり仲が良いわけではないですが、ロイス自体はポジ:尊敬で入ってますし、親父さんも親父さんで議員宿舎でCDを聞いてくれているに違いないとか、そんなアットホームはダブルクロスには要りませんか、要りませんねorz。
というわけで、久々に某所でのTRPG。
今回は、上級ルルブ適用のDX3rdでございました。

上級ルルブ自体買ってからさほど読んでなかったので、Dロイスは無難に特権階級。
キャラは以前使用したサポートキャラのリビルドで参加してきました。
セッション自体は、そこまで滞りもなく。

しかしあれですな。
3rdからサポートキャラはダイスを振らない仕様になったおかげで、特に取るDロイスもなく、加えて弱体化しているのも多いのでいまいち使いづらいですな。
どっちかっていうとユニークアイテムの方が利便性が高いような気がします。

フレーバーでしかねえのかなぁと、思った次第。



Copyright c 妙な幻亭のBlog。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material&Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]